« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月10日 (金)

七夕ライブ

さる7月7日にロンドンのLEXINGTONで布袋さんがショウケースギグをやりました。

ショウケースギグとはお披露目的なライブのこと。今年に入って、ようやく海外のレーベル、スパインファームとの契約を結び、6月にシングルが発表され、10月にアルバム発売も決定したということで、音楽関係者や記者なども見に来るライブだったようです。
もちろん一般向けにもチケットは販売され、150名規模のライブハウスながら、満員だったようです。
布袋さんのインスタグラムを見ると、とても満足した様子でホッとしました
いくつか動画がアップされていたので紹介します。
日本と違って、海外ではスマホでの写真や動画の撮影は禁じられていないんですね。
海外のレビュー記事を読んでみたのですが、ギタープレイに関しては高評価を得ているものの、歌に関しては厳しいコメントもありました。
海外では歌わないと言っていましたが、イギーポップがいない以上歌の部分は歌わざるをえなかったんですね。女性の歌手 Shea Seger さんも参加していたようですが。
わたしは正直言って、今でも布袋さんの歌は苦手です 
しかし、布袋さんはインストも良いですが、基本的に歌ものが得意な人です。
だから、やっぱり是非良いヴォーカリストと組んでもらいたい
布袋さんの良いところは、①作曲能力・音楽センス、②ギターの表現力・ステージアクションというのが大きな柱なのですが、もう1点他の人にはない、特異な能力があります。
それは、③ヴォーカリストに恋をさせて歌わせる能力です。そして相乗効果で曲がより魅力的な広がりをもつのです。まあ、これはこれで両刃の剣のようなもので危険な部分はあるんですが・・・
もし海外で成功を収めようとするなら、この能力を使わずして・・・と思うのです。
でも、女性ヴォーカリストだと美樹さん悲しませることになりかねないし、できれば男性ヴォーカリストが良いなあと思ったり。どちらにせよ、もう一度ヴォーカリストに恋し、恋されてる布袋さんを見てみたいなあと切実に願うわたしでした。もちろん音楽的な恋ですよ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »