« 2016年11月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年3月

2017年3月22日 (水)

B・E・L・I・E・V・E

日本語は主語が省略されることが多くて、時に自分のことを語っているのか、相手のことを語っているのか、曖昧なことがあります。

この「B・E・L・I・E・V・E」の歌詞もそんな感じで、「うつむく事しかできないで、疲れ切ってたあの日 ぬくもりにも優しさにも背中を向けていた」のはいったいどちらなのでしょうか?

両方の解釈が可能だと思うんです。 仮に自分自身だとしてみましょう。

自分は、何か打ちひしがれるような、悲しくつらいことがあって、心身ともに疲れ切り、うつむくことしかできない。
どこに向けて良いのかわからない苛立ちを抱えている。
相手の差し伸べてくれる暖かい手や優しい言葉にも、つい背を向けて、一人になろうとしてしまう。
以前、ロックンロールサーカスのある会場の音源をyoutubeで聴いていたとき、 「素直になりたくても素直になれない奴らのために作った曲」 と紹介していたのを聞いたことがあります。
慰めてくれようとする相手の気持ちは十分わかっているのに、素直になれずに、逆に棘のある言葉を投げかけてしまったりすること、特に若い頃にはあるかもしれません。
そんな自分を、心配そうに陰から見守ってくれている相手に、
心配しないで、君の気持ちや愛はわかっているから…と歌っているのかもしれません。
あるいは、相手のことを歌っていると仮定してみます。
つらい悲しみに打ちひしがれた相手は、自分が手を差し伸べても、振り払い、優しい言葉をかけようとしても、棘のあるような言葉を返してくる。
そんな相手の態度に苛立ち、途方に暮れてしまうけれど、そんな相手の心にも、素直になれないだけで、本当は愛があることを信じているよと、そういう歌なのかもしれません。
ひとつだけ主語がはっきりしている箇所があって、それは「DON'T WORRY, CAN'T YOU HEAR ME? 
なので、次に続くこの部分は、自分の言葉ということになるでしょう。
BELIEVE,YOUR MIND,BABY
BELIEVE,YOUR LOVE,BABY
   
ですから、この部分もおそらくは I が省略されていると考えられるんですが、コンマをわざわざ入れているあたり、ここでも自他の区別をあえて意図的に曖昧にしているような感じがしないでもないです。
素直になれないのは、自分も相手も同じであって、お互いにすれ違い、うまくいかなくなっている状況なのかもしれません。それでも、いじけるのは終わりにして、明日から始めるさ…お互いの心を、愛を信じよう、そういう祈りを込めた曲なのかもしれません。

BABY と呼びかける相手への思い、愛しさが伝わってくるような、とても素敵なバラードです。
何といっても、ヒムロックが感極まって泣いているかのようにも思えるCase of BOØWYのテイクが最高ですね。

BOØWYの曲をヒムロックがソロでやるときに、BOØWYとソロでどう違うかを比べてみると、分かりやすいのは、こういうシンプルな構成の曲かもしれません。

BOØWYの場合は、ヒムロックが歌っている時に常にギターの音がはっきりと鳴っています。鐘の音のように響くメロディが、常に鳴っていても、決して歌を邪魔することはありません。歌に寄りそい、支えています。

そして、ギターソロに向かって、高まっていく部分が気持ちを高揚させます。

上記動画はおそらく、パソコンでは見られると思いますが、スマホでは見られないと思いますので、念のため、ロックンロールサーカスツアーの別動画も。



ちなみに、この曲、たまにスティービーワンダーのI Just Called To Say I Love You のパクリとか言う人がいたりしますけど(^^;)、そういうこと言う人は何にも分かっとらんなーと思います。

ソロでの演奏は、サックスを入れたりして、BEAT EMOTIONに収録されているオリジナルの演奏を忠実に再現していますね。

2017年3月21日 (火)

無断リンク・転載はご遠慮願います

とりあえず、そういう方針でやってますんで、よろしくお願いしますm(__)m

***************************

↑という風にしてきましたが、一応、理由を書くとすれば、「自信がないから」なんですよね。

自分なりに思ったことを書いていて、解釈は自由だと開き直ってはいても、ふいに別の人の解釈を読んだりすると、「なんかわたしとんでもなく見当違いなこと書いているんじゃないだろうか」と不安になったりして…

それで過去には一時的にパスワードを設置して自分以外には見られないようにしたこともあったんです。

でも、やっぱりまた書きたいな~って気持ちが芽生えたときに、記事を書いて、公表しても、一度やめていると、閲覧してくれる人全然現れないんですよね…(^^;)

しばらく閲覧数ゼロの状態が続いて、それからまただんだんと増えていって(とはいっても、ほぼ一桁の日が多いですが💦)

何かを誰かに読んで欲しいって思ったときに、そうした「場」があるというのは、貴重だし、それはこれまでの積み重ねの結果だと思うから…

だから、できる限り削除はせずに公表は続けようと思いながらも、365日のうち5日くらいは、全部削除しちゃおうかな?なんて気持ちが生じて、そのせめぎ合いなんです。

誰かに読んで欲しい気持はもちろんありながらも、リンク貼られて拡散されたり…とかは望んでいなくて、わたしと同じように、「この歌詞ってどんな意味なんだろう?」とか色々考えちゃう人が、検索してきてくれるのが理想かなと。

それで感想を直接このブログにコメントしていただけたら、批判でも共感でもありがたいな、と思っています。

また、無断ではなく、一言声をかけていただければ、リンクや引用も断ることはないと思います。

ホント、自意識過剰で面倒くさい性格だと自分でも思います(^^;)

ご協力いただけたらと思います。よろしくお願いいたしますm(__)m

« 2016年11月 | トップページ | 2017年6月 »