« ズッケロさん | トップページ | PARADOX ① »

2017年7月 3日 (月)

MUSIC DAY

先週土曜日(7月1日)に、日テレの音楽番組『THE MUSIC DAY』が放送されました。
今年で5年目になるそうですが、布袋さんが今回テーマソングを書き下ろしたことで、オープニングと最後から2番目に出演することになったので、初めて見てみましたよ。
家族持ちゆえ、都合上リアルタイムでは見られませんでしたが…

このテーマソング、初めは「ふーん」程度だったのですが、何度も聴いているうちに、耳になじんできて、だんだん好きになってきました
現在、spotifyに登録しているので、購入せずに聴いてますが

さて、この曲を聴く前に、Twitterでちょっとした情報を入手いたしまして…

5年連続司会を務める嵐の櫻井翔くんと布袋さんは親しいんですよね。

そもそも、娘さんが翔くんの大ファンなんですね。

で、娘さんのためにサインをもらいたいがため、嵐のトーク番組で出演するなど、布袋さんなりに頑張ったのですよね。

で、今や家族ぐるみのお付き合いをしたり、2015年には嵐のアルバム「Japonism」のリード曲『心の空』を書いて、ミュージックビデオで共演するまでに。

ホント、布袋さんのそういう能力って半端ないですよね!

Img_20170703_212819

このセリフが何とも、布袋さんらしくてニヤニヤしちゃいます

布袋さんの人たらし(いい意味でよ)ウォッチャーとしても、注目せざるを得ないわけです。

再生回数は下の動画の方が多いみたいだけど、わたしはこのMusic dayという曲が好きだし、生演奏がすごく貴重な感じがして、こちらの動画の方を何度もみたくなります。

下の動画では、出てくるなり、司会者の翔くんにハグしてるしなんか体の大きさからして、翔くんが子供みたいになってるし

微笑ましいけど、冷静に考えると、おかしいですよね 
(ミュージシャンだし、そんなものかな?布袋さんのハグ率の高さについては時々考えちゃうんですよね~こんど記事に書いてみようかな

布袋さんがコメントしているように、「音楽を愛する人たちのために」とか「“心の空”に爽やかな風が吹き、無限の青空が広がるイメージ」とかは、決して嘘じゃないと思うんですが、櫻井翔くんのために、櫻井翔くんをイメージして作った曲という側面もあるんじゃないかな?

嵐の曲『心の空』がなぜ、そういうタイトルになったかの由来は知りませんが、単にサービス精神でコメントしたわけじゃなく、この言葉に何か意味があるのかも、っていうのは深読みしすぎでしょうか。

上の動画(MUSIC DAYの方)でも、曲の終わりにカメラ目線で指さしてますが、これってモニターを観ながらMCのために待機してる翔くんに向けてると思いますしね。
基本的に、好きな人のために曲を作ってプレゼントする。布袋さんってそういう人なんじゃないかな?
というか、たくさんの曲を作った中でもそういう曲が名曲として残っているんじゃないかな。
BOØWY、COMPLEXや久美ちゃん、美樹さんの曲もそうだけど、BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITYにしたって、豊川悦司さんをイメージして書かれた曲だったりしますしね。

何となくそんなことを思いました。
で、今回のMUSIC DAYの感想なんですが、嵐との『心の空』での共演をかなり期待していただけに、実はちょっとガッカリでした 
以前から一度見てみたいと思っていて、今回のテーマが「願いが叶う夏」だったので、妙に期待しちゃってたんです
メドレーの中には組み込んでくれましたけどね。この機会でなかったら、もうこの曲を共演することは今後もないんですかね…

« ズッケロさん | トップページ | PARADOX ① »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MUSIC DAY:

« ズッケロさん | トップページ | PARADOX ① »