« 私はあなたの空になりたい | トップページ | Kill the target »

2018年11月18日 (日)

絵になる男

前から気になっていたことなのですが、布袋さんのライブのバックステージにはカメラマンがすごく多いんですよね。これは2年前の12月末武道館公演のものですが。

おわかりでしょうか?
鋤田正義さん、ハービー・山口さん、平間至さん。有名な写真家が3人もいますね。
で、この日のインスタグラムに布袋さんがアップしたのは、おなじみの山本倫子さんの写真でした。
おそらくファンクラブの会報に載せたりするのに、1人はカメラマンとしてオファーを出して撮ってもらっているんでしょうけど、報酬もありますし、複数人は無理ですよね?
そして、先月20日に行われたロンドン公演でも本当にたくさんのカメラマンが写真を撮っていました。
まずは、鋤田正義さん。鋤田さんからの申し出で、ロンドンまで撮りにきてくれたそうです。
ですが、公演後に布袋さんがインスタグラムにアップしたのは、ロンドン在住の日本人カメラマンKazuyo Horieさんの写真やWanda Proftさんというドイツの女性カメラマンの写真でした。
他にも、ライブが行われたShepherd bush empireの専属カメラマンOllie Millington
写真を撮っていたり。
他にもインスタグラムでは、ロンドン在住のカメラマンの写真も見ました。
JROCK NEWSというサイトにも、Narine Chalabiという方の写真がありました。
撮ってる間、カメラマン同士ぶつかったりはしないんでしょうか?(^_^;)


海外のライブは撮影自由なので、一般の方もたくさん写真を撮って、インスタグラムにアップしていましたが、どれも素晴らしい出来で、誰が撮ってもそれなりに上手に撮れてしまうのは被写体が良いんでしょうね。
前にも書きましたが、布袋さんは決して一般的な意味でのイケメンではないし、長身だけど、スタイルが良いかというと、そうでもない気がするんですよね(失礼)。
だけど、オーラとか、動きとか、どこか人を惹き付ける魅力があるんだなということを、改めて感じました。
下の動画は、今年9月頃に発表された自動車のブランド『アバルト』の宣伝映像。写真をとっているのは広告写真の世界で主に活躍しているオガタケイさんです。森のなかでもロックを表現できるのはさすがですね。もちろん、音楽は布袋さんによるものです。

ちなみに…余談なので聞き流してほしいのですが、わたしは布袋さんのお気に入りの山本倫子さんの写真が苦手です(^_^;)

山本さんの写真は、布袋さん個人というより、ステージ全体の中に存在する一つのオブジェとしての布袋さんをアーティスティックに撮っているという印象があります。

あるいは、ファンの前でカッコつけている布袋さんではなく、人間的で泥臭い表情の布袋さんを撮っていたりする感じ。

それが、たぶん(ファン目線でカッコいい布袋さんを見たい)ワタシ的にはイマイチ消化不良な感じがしてしまうんですが、おそらく、そういうところが布袋さんが気に入っているところなのかもしれないな…とも思います。

« 私はあなたの空になりたい | トップページ | Kill the target »

コメント

こんにちは(^^♪

私は本格的に布袋さんのファンになったのは最近なので、山本さんのお名前しか存じ上げませんでした。(未だにBOOWYが大好きだから)
山本さんの写真、いくつか記憶に残っているものがありますが、他の方のを目にした時に意識して見てみます。

えるぜりさんは、ライヴにまだ行かれてないとおっしゃってましたが、ライヴDVDはよくご覧になりますか?

実は私も26日が布袋さんのライヴ初めてなんですよ。
ヒムロックがライヴ活動を休止してしまって、今まで私はライヴとか興味なかったんですけど、この先、生で見られないことがショックで、
だから布袋さんのライヴに行ってみようと思って行くことにしました。

ちなみに、今まではBOOWY、ヒムロック、布袋さんのDVDを家で楽しんでました。

話はそれましたが(^-^;布袋さんは本当に絵になりますよね。
あんなところまで脚あがるし(^_-)-☆
長身なのもステージ映えしますしね。

何だか長話してしまって、すみません💦

寒くなって来たので、体にきをつけてくださいね。

写真のことは全くど素人なのに、山本さんの写真のことをとやかく言ってお恥ずかしい限りごく個人的な感想なので聞き流してくださいね

わたしも未だにBOOWY大好きです。あまりネタがないので、最近あまり書いてませんが
DVDといえば、去年1224の完全版が出たので購入しました(古いのもBOXで持ってたんですが)。その感想もそのうち書きたいな~なんて思ってます。

布袋さんのことも好きで、ここ数年ずっと動向を追いかけてますが、アルバムやDVDはまだまだ聴いたことのないものも多いです。音楽的なことより、パーソナリティに対する興味がけっこう強かったりして(^_^;)
でも、やっぱりわたしも一度はライブには行ってみたいんですよ~!

今は旦那が単身赴任の上、田舎住まいなもんで日帰りもできず、子ども置いてなかなか出ていけない状況なのです…

行けるタイミングで、行っといた方が良いですよね!
是非、感想を聞かせてもらいたいな~って思ってます(*^^*)

えるぜりさんも色々と落ち着いたタイミングでライヴに行けるといいですね(^^♪

1224の感想、是非書いてください!えるぜりさんの文章大好きなので、楽しみにしています!

ライヴのご報告、文章が苦手な私ですがこちらでご報告させていただきます☆

では、また!

文章が好きって言ってもらえて、嬉しいです(n*´ω`*n)
1224は12月24日までに書ければ良いかな~なんて思ってます

いよいよ、明日ですね!報告楽しみにお待ちしてます~

えるぜりさん、ライヴ、行ってきました!
文章が苦手ですが、お付き合いくださいませ(*ノωノ)

あまりいい席とは言えず(^-^;オペラグラス持って行けばよかった…と後悔しましたが、初めての私としては、月並みな言葉ですが感動しましたよ☆

早めに行こうと思って現地には4時半ごろ着いたのですが、既に物販を買う方たちの長い行列ができていました。
そして皆さん、G柄?HOTEI柄?のHOTEIグッズを身に着け、中には大柄なおばさまが、手作りらしき若い頃に布袋さんが着ていたような全身HOTEI柄の服を着ておられました(*ノωノ)

私の席は3階だったのでステージとの距離は遠く、ステージを斜め上から観る感じでしたが、感想としては「魅せる男」だな、といった感じです(^_-)-☆

最初からわかりきっていたことですが、どう見せれば相手を惹きつけられるか、心を掴めるかよくお解りだからプロデュース業も広く手掛けていらっしゃるのでしょうけれど、(今もされてましたっけ?)BOOWYの時も布袋さんのそういった能力は、確か発揮されていましたよね?改めて、すごいなと感じたところでした。

曲は「202X」から始まって、アンコールの最後はたぶん「ヒトコト」。Paradoxの中の曲ですよね?私購入してないのですが(・_・;)

布袋ファン初心者の私でも殆どわかる曲でありがたかったです。BOOWYは3曲で、RUNAWAY TRAIN,DREAMIN`,WORKING MANでした。
RUNAWAY TRAINのギターソロが進化していて、私はとってもカッコ良く感じました。
個人的にはBAD FEELINGも聴きたかったなと思いましたね((´;ω;`)

それから、3階の斜め上から観た、ギターソロで踊りながらギターを弾いている、ライトを浴びた布袋さんの姿が、美しいと感じました。次はもっと近くでみたいです、絶対!って思います。

こんなこと言ってはいけないのですが、布袋さん達が登場する誰もいないステージを見た時、BOOWYの4人が演っている姿が目に浮かんでしまいました。(当時の)

そして私が一番ノリノリになったのは、BOOWYの3曲なのでした。

これが嘘偽りない、私の感想です!

えるぜりさんも是非、落ち着いたら(^_-)-☆

のあさん!ライブの感想ありがとうございます!
常連ファンの皆さんの感想をネットで目にすることは多いですが、初体験ののあさんの感想を読んで、とても新鮮に感じました
会場の様子も面白いですね~!
布袋さんは自分自身をプロデュースしてる感じ、ありますよね。演者としての自分をどこか客観的に見ている布袋さんもいるのかな、と感じたりします。

そうですよね~たぶんわたしもBOØWYの曲を聴いたら、否応なしに反応してしまう気がします。青春時代に聴いた音楽は体に染み込んでますよね

…などと、まだ生でライブを見たことのないわたしが言ってます(^^;)

のあさんの感想読んで、今度、また北海道に来てくれたら絶対に行こうと思いましたよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵になる男:

« 私はあなたの空になりたい | トップページ | Kill the target »