« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月17日 (月)

1224 THE ORIGINAL(雑感)

去年、出た1224についての雑感です。内容は薄いので、期待なさらず
正直言って、初めは買うつもりはなかったんです。
例によって、倉庫から発見されたっていう、眉唾物の言い訳にモヤモヤしちゃって。
これまでの説明と違うし、もしそれが本当だとしたら、いったいどんな管理しとんじゃいって感じだし
それに、発売まえに大阪と東京でフィルムコンサートがあったんですが、Twitterなどで流れてくる感想など見ていると、今更のようにONLY YOUでの布袋さんの涙が取りざたされるのも何だかなあって思って。

今回のDVDの「売り」は失われてたONLY YOUの数十秒が復元された、ってことでしたから、当然といえば当然なんですが、以前、わたしも記事にしましたけど、別にその数十秒がなくたって、布袋さんが泣いてるところは十分に映ってるじゃない、今までみんな何を見てたのよ!って、ちょっといじけてしまったんですよね(^^;)
じゃあ、なんで買ったのかというと、Instagramなどを見ていたら、プレイパス対応だということを知って。スマホでも見られるなら、なかなかDVDをゆっくり鑑賞する時間のないわたしでもいつでもどこでも見られるから良いか、そんなに高くもないし!と、あっさり手のひら返し(^^;)発売後、わりとすぐにポチっと押してしまったのでした…
で、見た感想なんですが、映像は綺麗にはなってますね。でも、何だか暗闇の中でライブやってたんかな、ってくらい暗く感じましたね。旧バージョンの方が画面が白っぽい。
あと、アングルの差ってことについていえば、それほど大きく変わってはいないはずなんですが、個人的に思い入れのあったシーンが2か所変わっていたのが、ちょっとショックでした。

①B-BLUE
下の動画は旧バージョンの方なんですが、4:20あたりの「やぶれた翼でもう一度翔ぶのさ」というところで、布袋さんが右手を挙げるところがあるんですが、ちょうどその時ヒムロックが左手を挙げていたので、偶然、二人で翼を拡げているような形になってるんですよね。
たまたま、なんでしょうけど、なんか良いなーって思ってたんです。
それが…今回まるごと別アングルに差し変わってる…

②LONGER THAN FOREVER
前に記事でも書きましたけど、「I love you,forever」って歌うときにヒムロックが布袋さんの方を向いているような気がするんですよ。
これも旧バージョンの方なんですが、7:18のあたりで、ステージに背を向けて、わざわざ布袋さんの方を振り返ってる感じがあるんですよね。
それが新しい方では、斜め横からのアングルで、わざわざ感があまり感じられない。
なんか、愚痴ばっかり言って申し訳ありませんでしたが、新旧、見比べてみるのも、けっこう面白いと思いますよ。1224はヘビーなので、買ったは良いけど、やはりそれほど観てはいません…

わたしが1224を初めて見たのは、2014年で、いわゆる「出戻りニワカ」だったので、その時見た印象と、ある程度色々なものを見て、ニワカ状態からは脱した段階で見た印象では、やはり異なるものがありました。

2014年では、例えばIMAGE DOWNでふざけあう二人を見て、別に険悪じゃないじゃん、仲良いじゃんって思ったんですが、今見ると、IMAGE DOWNっていう幾度となく二人が絡むことの多い曲だったからこそ、そこの絡みに至るまでの過程に微妙な距離感みたいなものを感じちゃったりもしましたね。

なんだか、まとまりのない文章になってしまいました。
本当は、もっとヘビーに意図的にONLY YOUを欠損させたんじゃないか説を検証してみようかな、なんて思ったりもしましたが、それはまた1年後くらいに(?)

2018年12月10日 (月)

Kill the target

フィギュア・スケートについては全然詳しくないのですが、ネットをチェックしていたら、12月9日に行われたジュニアグランプリファイナルのジュニア女子フリーで、ロシアの14歳、トゥルソワさんという選手が布袋さんの曲で滑っているとの情報が。

調べてみると、これまでにも何度か、Kill the taget や、Katana Groove、Battle without honor or humanity などを使用しているみたいですね。
嬉しかったので、ご紹介。
ちなみに、これらの曲は海外でも発売された「ELECTRIC SAMURAI」というアルバムに収録されています。ギターインストのベストアルバムですね。
ギターインストより歌ものが好きなわたしですが、チェックしてみようと思いました。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »