« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

BEAT SWEET

以前、COME TOGETHERの記事で、今度「BEAT SWEET」について書くといっておきながら、ずっと放置していたことに気づいたので、久しぶりにBOØWYの曲の記事を書いてみることをしました(;´∀`)

この曲の特徴的なリズムについては、わたしの音楽的知識ではうまく説明できないので、亀田誠治さんがわかりやすく解説してくださっているので、そちらをご覧ください。

布袋さんが弾くカッコいいイントロのギターのフレーズを、
ノリノリで口ずさんでいると、
ドラムが入って来た時に、なんかへんなタイミングに感じますね。
いつもの、ドン・タン・ドン・タンというリズムに感じなくて
うまくノレない!しばらく気持ち悪いですよね。
人間は、一番、最初に聞こえた音を
一拍目と捉える傾向があります。
ところが、Beat Sweetのイントロの一発目の音は、
1・2・3・4・1・2・3・4
が感じられる強い拍、(これを強拍といいます)ではなく、
その半拍後ろからはじまっているのです。

フレーズがだんだんと変わってきこえるのは、
ドラムが入って、正しい1拍目が提示された瞬間、
今まで自分が思っていたフレーズは、半拍ずれているので
強い拍と弱い拍がいれちがってビックリする!

Wikipediaによると、まこっちゃんが上手く叩けなくてお蔵入りするところだった、とか、まっちゃんもすごく苦労したとか書いてありますね。

布袋さんはリズム感抜群で、こういう高度なリズム遊びがかなり好きな人なんだと思います。

で、ヒムロックもまたこの曲がお気に入りで、ソロになってからもけっこうやってますね。LAST GIGSでもやってましたからね。きっと、ヒムロックはこのリズムの面白さにハマってすぐに習得できたんじゃないかと思うんです。

なぜかしら、この曲では布袋さんとヒムロックがよく絡む!

布袋さんの意図をすぐに理解し、意気投合できたからなんじゃないでしょうか。

歌詞は、けっこうお茶らけているというか、真面目な恋の歌というよりかは、「HEY BABY 振り向いてくれお前のことが欲しいのさ」って言ってるように、まだ恋人にもなってない相手への口説き文句というか、「抱き合えるなら 俺が何でも叶えてあげる」って、まあとにかく大好きってことが伝わってくる甘い言葉なんですが、いきなりそれかよ!っていう軟派な感じもする(^^;)

でも、やっぱり恋してる気持ちの高揚感が伝わってくるし、そんなこと笑って許せちゃう感じの、楽しい曲です。相手へ語りかける言葉がそのまま歌詞になっているせいか、まるでミュージカルの劇中歌のような雰囲気も感じたり。

個人的には、2番の歌詞にヒムロックがBOØWYというバンドを組む前、スピニッジパワー時代に鬱屈とした日々を送っていた状況を勝手に重ね合わせてしまうんですよね。

楽しい事も消えかけ 作り笑いも身につけた 
つじつまの合わない EVERY DAY ヨコシマな愛が過ぎてゆく

虚しさだけがから回り しぼみかけてたあの頃
まるで忘れていた想い オマエが想い出させてくれた

GIGS AT BUDOKANでこの曲の最後で布袋さんの肩を抱いたり、ラストギグスで布袋さんに語りかけるように歌うヒムロックや、CASE OF BOOWYでステージの縁に腰掛けて、ヒムロックの顔を見上げる布袋さんみたら、なんか恋人同士みたい💕

ところで、この曲のタイトル「BEAT SWEET」ってよく考えると不思議じゃありません?

歌詞の中に、一度も「BEAT」も 「SWEET」も出てきませんね。

意訳するとビートの恋人🎵って感じかな??

 

2019年9月27日 (金)

過去記事へのリンク

もしかしたら、需要があるかもしれないと思い、作成してみました。

全ての記事があるわけではありませんm(__)m

LONGER THAN FOREVER
「夢」
1224 THE ORIGINAL(雑感)
B・E・L・I・E・V・E
BAD FEELING
B-BLUE
CLOUDY HEART(L’EPILOGUE)
CLOUDY HEART(アルバムバージョン)
CLOUDY HEART(シングルバージョン)
CLOUDY HEART(氷室ソロバージョン)
COME TOGETHER
DANCE CRAZE
DREAMIN'
FUNNY BOY
Glorious Days
GQ
Happy Xmas (War is over )
IMAGE DOWN
Kill the target
MEMORY
NO! NEW YORK
NOCTURNE NO.9
ONLY YOU
PRIDE
RUSSIAN ROULETTE
TEENAGE EMOTION
WAIT FOR ME
あけましておめでとうございます
いきなりフライデーナイト
インタビューなど
サーカス
サレンダー
スキャンダル?!
ドーベルマン
なんと!
ハイウェイに乗る前に
はじめに(わたしのBOOWYとの出会い)
 
ビート感を探し続けて
ファイナル
ファンキーパンキーツアー
メリークリスマス・ショー’86
ロックンロールマジック
わがままジュリエット
唄う敬意、唄わぬ敬意
歌詞分析
解散宣言
絵になる男
季節が君だけを変える
季節が君だけを変える②
久美ちゃん
私はあなたの空になりたい
人物像にせまる
微笑みのその前で
氷室京介とDreamin'
氷室曲のギター
布袋さんの魅力
布袋元年(?)
布袋寅泰BOOWYを語る
夢の概念を探る①

« 2019年6月 | トップページ | 2019年11月 »